「折りたたみスマホ」はまだ買いじゃない!ブーム到来が見えないワケ

「折りたたみスマホ」はまだ買いじゃない!ブーム到来が見えないワケ

「保護フィルムだと思ってはがしたら液晶だった」などトラブル報告が相次いだサムスンの「ギャラクシー フォールド」は、発売延期となってしまった Photo:AP/AFLO

昨年11月、中国のメーカー・柔宇科技(ロヨル)から発表されたのが“折りたたみ”スマートフォン『フレックスパイ(FlexPai)』。これを皮切りに大手メーカーも次々に、折りたたみスマホを発表するに至った。2019年は、折りたたみスマホのブーム到来となるのか?ケータイジャーナリストの石野純也氏に話を聞いた。(清談社 島野美穂)

■世界初の折りたたみスマホに殺到した落胆の声

 平面の液晶を、タッチパネルのように使うのが従来のスマホ。しかし、最新の技術によって、この液晶がぐにゃりと折り曲げられるようになった。それが、今話題の“折りたたみ”スマホだ。「フォルダブルスマホ」とも呼ばれている。

 折りたたみスマホの実売に向けて、これまで各メーカーが水面下で開発に臨んでいたところに、突如、発表されたのが『フレックスパイ(FlexPai)』だった。しかも、この世界初の折りたたみスマホを発表したのは、大手メーカーではなく中国の部品メーカー、ロヨル。この発表には、他の大手メーカーも面食らった。石野氏は言う。

「ファーウェイやサムスンと比べると、かなり小規模な会社が、先駆けて折りたたみスマホを発表したということで、業界にはかなり衝撃が走りました。どこのメーカーが折りたたみスマホを先に出すか、牽制し合っていた中でのことです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)