成長のカギ「高度サービス業」が育ちにくい、日本の立ち遅れた産業構造

成長のカギ「高度サービス業」が育ちにくい、日本の立ち遅れた産業構造

Photo:PIXTA

非製造業の中には性質の異なるさまざまな業種がある。

 これまでは、小売業や飲食サービス業、生活関連サービス業など、今回の景気拡大期でも売上高が停滞または減少する業種を見てきた。

 今回は、これとは逆に、成長率が高い業種を見ることにしよう。

 情報通信業や学術研究、専門・技術サービス業は、成長率も給与水準も高い。ただし、日本では、まだその規模が小さい。

 日本の将来はこうした産業の成長にかかっているといえよう。

■成長率も給与も高い情報通信や専門・技術サービス

 非製造業全体での売上高は、2013年1〜3月期から19年1〜3月期の間に17.3%増加した。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)