文在寅大統領の「外交崩壊」がG20で露見する、元駐韓大使が解説

文在寅大統領の「外交崩壊」がG20で露見する、元駐韓大使が解説

Photo:EPA=JIJI

■文政権の外交特色は“何もしない”

 文在寅大統領の外交の特色は何かといえば、「北朝鮮は非核化する、制裁を解除すべきである」というだけで、国益のために何も動かないことである。

 日本との関係では、徴用工の問題で解決策を示さず、慰安婦の問題では過去の合意を反故にする、レーダー照射の問題では自らの誤りを認めず、証拠を改ざんしていい加減な言い訳に終始するだけだ。その結果は、韓国のマスコミも懸念するように、6月28、29日に大阪で開催されるG20の会合で、ホスト国の首脳である安倍総理と会談できない唯一の首脳となることではないか。

 米中の首脳とは何とか会談はするようだが、それも文大統領から頼み込んでやっと実現するもので、そこでは米中の対立案件であるファーウェイへの対応を巡って、板挟みになる見込みだ。しかし、政府としてこれまで何ら指針を示さず、企業の判断に任せるとの姿勢をとっている。どの国も一応の対応の指針を示しているが、何もしないのは韓国だけであり、米中の貿易戦争、覇権争いの中で、中立ではいられない現実を理解していない。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)