中国版ウーバー「滴滴」、急成長するも規制強化で「タクシー会社」に逆戻りか

中国版ウーバー「滴滴」、急成長するも規制強化で「タクシー会社」に逆戻りか

中国で急発展を遂げたネット予約車サービスは、結局「タクシーに戻った」Photo by Konatsu Himeda

■日本人出張者も絶賛する「滴滴出行」のサービスレベル

「滴滴出行のサービスは実に便利です。高級車ともなれば、高い料金を払う分、何時何分どこで、と約束通りにピタッと配車してくれるのです」

 日中を往復する日本人出張者は絶賛する。「滴滴出行(本社:北京市/以下、滴滴)」とは2012年設立のライドシェア大手企業だ。中国在住の日本人の間でも、このサービスはすっかり浸透している。

 滴滴というプラットフォーム企業が出現する遥か以前から、中国では自家用車で客を乗せて運ぶ“白タク”が静かに営業を始めていた。許認可された料金体系はなく、運転手と客との交渉で決める。メーターもないので、トラブルに遭っても自己責任だ。筆者も取材からの帰途、やむなく初乗車したときは「何かあっても乗った私が悪いんだ…」とリスク覚悟の上だった。しかし、車内は清潔で芳香剤も置かれており、ミネラルウォーターのサービスまであった。こうした個人営業による白タクは、主に空港や郊外への送迎で稼いでいた。

 2010年にアメリカでウーバーが出現したのに続き、2012年には中国で滴滴(*)がサービスを開始した。スマホアプリというテクノロジーと、シェアリングエコノミーという大義名分のおかげで、人知れず行われていた“個人的な金稼ぎ”も、「ネット予約車」という新たなカテゴリーの中で、組織だって運営されるようになった。

(*)2012年当時は「??打車」、2014年に「滴滴打車」に名称を変更。さらに2015年に「滴滴出行」に社名変更をした。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)