【先払いの資金ショートの修羅場2】  なぜ、外部の人も大切にすると  売上がどんどん上がるのか?

10年以上、離職率ほぼゼロ。しかも、第1回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「中小企業庁長官賞」を皮切りに、経済産業省の「ダイバーシティ経営企業100選」「『おもてなし経営企業選』50社」「がんばる中小企業・小規模事業者300社」、厚生労働省の「キャリア支援企業表彰2015」厚生労働大臣表彰、東京商工会議所の第10回「勇気ある経営大賞」、第3回「ホワイト企業大賞」を受賞。新宿税務署管内2万数千社のうち109社(およそ0.4%程度)の「優良申告法人」にも認められたという。
絶望しかない状況に、一体全体、何が起きたのだろうか?
「壮絶な修羅場のエピソードだけでなく、その修羅場をどう乗り切ったかの全ノウハウをすべて書き尽くした」という『倒産寸前から25の修羅場を乗り切った社長の全ノウハウ』が発売たちまち大反響!1987年から「一読の価値ある新刊書」を紹介する信頼の書評専門誌【TOPPOINT】2019年6月号のベスト10冊に選抜されたという。「25の修羅場」とは?「全ノウハウ」って?

■山ほどあった不良債権を処理

 検収を待たず、発注先や納品先が倒産する(あるいは、契約を履行しない)可能性もゼロではありません。

 当時の日本レーザーで「山ほど」あったのは、納入先が支払いを拒否するケースです。

 当社の営業担当者は「売った」つもりでいても、先方は
「いや、買っていない。

関連記事(外部サイト)