ズボラでも絶対続く! 2000人のリハビリに関わってきた理学療法士が教える、なぜ「うつぶせ」になるだけで体の不調が改善するのか?

ズボラでも絶対続く! 2000人のリハビリに関わってきた理学療法士が教える、なぜ「うつぶせ」になるだけで体の不調が改善するのか?

ズボラでも絶対続く! 2000人のリハビリに関わってきた理学療法士が教える、なぜ「うつぶせ」になるだけで体の不調が改善するのか?の画像

総合病院で2000人のリハビリに関わってきた理学療法士が、ストレッチよりはるかに簡単なのに、驚くほど効果のある奇跡の「うつぶせ」療法を紹介します。
たった1分の「うつぶせ」を習慣にすることだけで、猫背、腰痛、肩こり、首の痛み、不眠、疲労、冷えといった体の不調が改善し、高齢者には寝たきり予防、誤嚥予防の効果もあります。
「うつぶせになるだけで、本当にそんなに効果があるの?」と思うでしょうが、どうしてそんなに効果があるのか、その納得の理由を『うつぶせ1分で健康になる』から一部抜粋し、再構成して紹介します。

■長年、理学療法士として現場に立ち、たどりついた答え

 長年、理学療法士としてリハビリの現場に立ってきた私は、どうしたら寝たきりにならずに健康寿命を延ばせるかをずっと考えてきました。
 そして、そしてたどりついた答えが、うつぶせになることでした。

「ただうつぶせになるだけ? 本当にそれだけ?」

 そう驚かれる方も多いでしょう。
 ですが、あらゆる体の不調を改善するのに、これほどいいものはないと私は確信しています。
 
 実は、うつぶせ姿勢は理学療法士の世界では一般的なものです。
 これは腹臥位(ふくがい)療法と呼ばれるもので、呼吸リハビリの現場や、脳梗塞や整形外科関連疾患のリハビリにおいてもよく用いられています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)