濱口秀司さんに聞く「イノベーション人材の教育法」: 「教える」なんておこがましい。自分を殺せる刺客を作れ

濱口秀司さんに聞く「イノベーション人材の教育法」: 「教える」なんておこがましい。自分を殺せる刺客を作れ

濱口秀司
京都大学工学部卒業後、松下電工(現パナソニック)に入社。R&Dおよび研究企画に従事後、全社戦略投資案件の意思決定分析を担当。1993年、日本初企業内イントラネットを高須賀宣氏(サイボウズ創業者)とともに考案・構築。1998年から米国のデザイン会社、Zibaに参画。1999年、世界初のUSBフラッシュメモリのコンセプトをつくり、その後数々のイノベーションをリード。パナソニック電工米国研究所上席副社長、米国ソフトウェアベンチャーCOOを経て、2009年に戦略ディレクターとしてZibaに再び参画。現在はZibaのエグゼクティブフェローを務めながら自身の実験会社「monogoto」を立ち上げ、ビジネスデザイン分野にフォーカスした活動を行っている。B2CからB2Bの幅広い商品・サービスの企画、製品開発、R&D戦略、価格戦略を含むマーケティング、工場の生産性向上、財務面も含めた事業・経営戦略に及ぶまで包括的な事業活動のコンサルティングを手掛ける。ドイツRedDotデザイン賞審査員。米国ポートランドとロサンゼルス在住。

USBフラッシュメモリのコンセプト開発などを手がけ、シリアル・イノベータ―の先駆けとして知られる濱口秀司さん。初の著作として、『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』連載論文集がいよいよ発売されます。この連載でも取り上げたテーマのひとつであり、読者からの問い合わせも多かったイノベーション人材の教育について、後天的にどのぐらい鍛えることができるのか、そのポイントは何か、論文集発売記念として濱口さんにあらためて聞いてみました。

――普段、商品開発から工場の生産性向上、R&D(研究開発)戦略、財務戦略などさまざまな角度のコンサルティングを手がけられる中で、特に日本企業が顧客の場合は「若手のイノベーション教育もお願いしたい」という依頼が多いそうですね。

 多いですね。教育を大事にするというのは、日本企業のよい習慣だと思いますし、できる限りお受けするようにはしています。

―――大人になってから、イノベーション発想やその実践力を鍛えるうえで何が一番大切なポイントになりますか。

 誰でも後天的に鍛えることができますが、同時に、人間というのはそうそう変われないというのも事実です。だから、クリティカルな状況に追い込むことが大切だと思います。僕も、もとはダラダラした性格ですから、自分を常に危機的な状況に追い込んできました。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)