フェイスブックの仮想通貨「リブラ」は国家管理への重大な挑戦

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」は国家管理への重大な挑戦

写真はイメージです Photo:123RF

アメリカのSNS提供企業であるフェイスブックは、6月18日、2020年に「リブラ(Libra)」と呼ぶ仮想通貨(暗号資産)のサービスを始めると発表した。

リブラは、電子マネーとは異なるものだし、さまざまな面で従来の仮想通貨より優れた特性を持っている。このため、現存する金融システムに対する重大な挑戦となる可能性がある。

日本の金融緩和政策も、続けられなくなるかもしれない。
それだけでなく、国家そのものに対する影響さえあり得る。

■ブロックチェーンで運営独自の通貨圏が形成される

 リブラの詳細は、ホワイトペーパー(https://libra.org/ja-JP/white-pap)で説明されている。

 まず注目すべきは、リブラは、電子マネーではなく、ビットコインやメガバンクが計画中の仮想通貨と同じく仮想通貨であることだ。この違いは重大だ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)