バフェット型投資に対する2つの大きな誤解

バフェット型投資に対する2つの大きな誤解

奥野一成(おくの・かずしげ)
農林中金バリューインベストメンツ(NVIC)常務取締役CIO(最高投資責任者)
京都大学卒業後、日本長期信用銀行入行、長銀証券、UBS証券を経て、農林中央金庫へ。2007年に現在のNVICの前身となるプロジェクトを立ち上げ、長期厳選型自己運用ファンドの運用を開始。2014年、投資助言業務に特化したNVICに移籍し、現在に至る。ロンドンビジネススクールファイナンス学修士修了。共著書に『京都大学の経営学講義 いま日本を代表する経営者が考えていること』などがある。

圧倒的な競争力をもつ会社に長期で投資しリターンを得る――この「長期厳選投資」はウォーレン・バフェットが採る手法としても知られています。日本では珍しくこの「長期厳選投資」を実践し、実績をあげているファンド、農林中金バリューインベストメンツの常務取締役CIO(最高投資責任者)である奥野一成さんに、『ファイナンス思考』著者の朝倉祐介さんが、バフェット型の「長期厳選投資」を12年半にわたって実践してみて日本で通用するか否かの手ごたえや、いい会社の選び方などを聞きました。

■バフェット型投資は日本でも通用するか

朝倉祐介さん(以下、朝倉) 奥野さんは、農林中金バリューインベストメンツ(NVIC)で長期厳選投資を実践されていますが、当初は農林中金の社内プロジェクトとして立ち上げられたんですよね。

奥野一成さん(以下、奥野) そうです。「本当にいい会社は売る必要がない」というウォーレン・バフェット氏の考え方がそもそも日本でできるのか、という問題意識をもとに2007年にプロジェクトとして立ち上げ、現在までに運用高は3000億円弱になっています。そのプロジェクトを立ち上げる前までは、農林中金の中でプライベートエクイティとヘッジファンドという、いわゆるオルタナティブと言われているところの投資をやっていました。

朝倉 プロジェクトを立ち上げるかなり以前から、長期厳選投資の構想をおもちだったのですか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)