「高速道路でハンドルを握る必要なし!」日産運転支援システムの実力

「高速道路でハンドルを握る必要なし!」日産運転支援システムの実力

Photo:NISSAN

■ハンズオフシステム今秋発売のスカイラインから搭載

 日産自動車は5月16日、運転支援システム、プロパイロット2.0を発表した。ナビゲーションシステムで目的地を設定し、ドライバーがつねに前方に注意して直ちにステアリングを確実に操作できる状態にある条件で、高速道路の同一車線内でハンズオフが可能になるシステムだ。高度な技術で構成されたハンズオフ(ステアリングを握っている必要がない)システムは、今秋日本で発売されるスカイラインから搭載が始まる。

 日産は2016年にプロパイロットを実用化した。これまでセレナ、リーフ、エクストレイル、デイズに搭載してきた。プロパイロットは高速道路の同一車線において、アクセル、ブレーキ、ステアリングをドライバーに代わってシステムが制御し、自動的に車速や車間距離を保ち、直線やコーナーで車線の中央付近の走行を維持してくれる。ただしその間、ドライバーは前方を注視し、ステアリングを握っている必要がある。一定期間ステアリングから手を離していると、システムはドライバーに向けて警告を発し、最終的には機能が解除される。

 プロパイロットとプロパイロット2.0の最大の違いは、ステアリングを握っていなければならないか、そうでないか(ハンズオフできるか)だ。機能の違いはシンプルだが、両者の技術の違いは大きい。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)