IR経営が難しい理由、一般的な法律や会計が通用しない未知の業態

IR経営が難しい理由、一般的な法律や会計が通用しない未知の業態

カジノを含むがゆえに、IR施設は、一般的な法律や会計の知識があるだけでは運営できない Photo:PIXTA

カジノ産業と若者の関わりを探るシリーズ企画の第3弾は、世界的に見ても珍しいIR(統合型リゾート)について専門的に学べる修士向けのコースを持つ大阪商業大学。同大の経営革新専攻に設けられた特別教育研究コース「IRマネジメント」コースの開設の経緯や、在籍する社会人院生のエピソードを聞いた。(清談社 松嶋千春)

■IR=カジノは間違い!運営に必要な未知のノウハウとは

 そもそもIRとは、統合型リゾート(Integrated Resort)の略称で、国際会議場、ホテル、商業施設、レストラン、ショッピングモール、カジノなどが一体となった、複合型観光施設を指す。日本ではカジノばかりが前面に出ている印象を受けるが、カジノはあくまでもIRの一施設という位置づけだ。

 大阪商業大学大学院に「IRマネジメント」コースが開設されたのは、2015年4月のこと。学長の谷岡一郎氏は、本コース開設の経緯を次のように語る。

「当時、IR法案が俎上にのぼり、法案が通るのは時間の問題でした。そうした状況のなか、IRにおいていちばん人材が足りないのはマネージャークラス。海外のオペレーターと英語で意思疎通ができ、ちゃんと指示や交渉ができる各部門の責任者に相当するレベルの人材はなかなかいないのが実情です」(谷岡氏)

 IRの一部の施設にフォーカスするなら、カジノにおけるディーラー、レストランにおけるウエートレス、ホテルにおけるポーターといった職種は、日本にある既存・類似の施設から人材を引っ張ってきて育成することも可能だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)