安宅さんに聞く「これからの時代を生き抜く“レアな人材”になるための方法」

安宅さんに聞く「これからの時代を生き抜く“レアな人材”になるための方法」

安宅和人(あたか・かずと)
慶應義塾大学 環境情報学部教授/ヤフー株式会社 CSO(チーフストラテジーオフィサー)/データサイエンティスト協会理事(スキル定義委員長)
東京大学大学院生物化学専攻にて修士課程終了後、マッキンゼー入社。4年半の勤務後、イェール大学脳神経科学プログラムに入学。2001年春、学位取得(Ph.D.)。ポスドクを経て2001年末マッキンゼー復帰に伴い帰国。マーケティング研究グループのアジア太平洋地域中心メンバーの一人として幅広い商品・事業開発、ブランド再生に関わる。2008年よりヤフー。2012年7月よりCSO(現兼務)。全社横断的な戦略課題の解決、事業開発に加え、途中データ及び研究開発部門も統括。2016年春より慶応義塾大学SFCにてデータドリブン時代の基礎教養について教える。2018年9月より現職。内閣府 人間中心のAI社会原則検討会議 構成員、官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)運営委員、経団連 未来社会協創TF委員なども務める。著書に『イシューからはじめよ』(英治出版、2010)。

これからの時代、個人や社会は何にお金と時間を投資すべきなのか――? 著書『イシューからはじめよ』でも知られる、慶應義塾SFC教授/ヤフーCSO(チーフ・ストラテジー・オフィサー)の安宅和人さんに、ロボット運用を展開するウェルスナビCEOの柴山和久さんが、変化の激しい時代を生き抜き、ハッピーになるための方法を聞いていきます。(撮影:梅沢香織)

■偏差値80であることに価値はない

柴山和久さん(以下、柴山) 安宅さんはヤフーのCSOに加えて、慶應義塾大学の湘南藤沢キャンパス(SFC)の教授も務めておられますよね。今の若い方は、将来を見据えて時間とお金を何に投じるべきだ、とお考えですか。財務総合政策研究所「イノベーションを通した生産性向上に関する研究会」で発表された「シン・ニホン 〜AI×データ時代における日本の再生と人材育成」 の内容に重なる部分もあるかと思いますが。

安宅和人さん(以下、安宅) 色々思うところはありますね。

 SFCは未来を作る人を生み出すために創立されたキャンパスで(☆)、学生たちも(慶應に以前からある学部が集まる)三田や日吉でなく、わざわざ選んでSFCに来ているはずなんですよ。でも、私のゼミ生の多くも、国内外のいわゆる大企業への就職を考えている。学生が内定の報告に来てくれたら「頑張って、社長を目指してください。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)