党首討論会の消費増税論議で、唯一面白かった「論争」

党首討論会の消費増税論議で、唯一面白かった「論争」

Photo:PIXTA

参院選が7月4日に公示されたが、消費増税問題では、自民党にとって野党はそう怖くはないのでないか。

 3日に行われた日本記者クラブ主催の党首討論をテレビで見ていても、安倍首相に余裕があった。

■自民党が怖いのは野党よりは「世論」

 自民党にとって恐ろしいのは世論である。

 10月の消費増税を予定通りするのを決めたので、選挙では逆風もあるだろう。

 マスコミは消費増税に関連して、年金問題も自民党にとって逆風要因と書くだろう。

 しかし、この問題で野党やマスコミがあおっても、国民は年金で老後のすべてを面倒見ることは不可能であると知っている。とはいえ、消費増税に対しては、いずれ国民には不満や怒りが徐々に出てくるだろう。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)