引きこもり当事者が教える「引きこもり学」の思わぬ反響

引きこもり当事者が教える「引きこもり学」の思わぬ反響

引きこもり経験者を講師とする「ひきこもり学」と題する講演会を開いたところ、会場は立ち見が出るほどの盛況ぶりだったという(写真はイメージです) Photo:PIXTA

■「引きこもり当事者」が教える引きこもり経験から学んだこと

 何もないところから居場所を立ち上げ、維持していくのは並大抵のことではない。

 しかし、そんな地方の都市で、生きづらさを抱えた当事者たちが居場所をつくり、引きこもり経験者を講師とする「ひきこもり学」と題する講演会を開いたところ、川崎市の児童らの殺傷など一連の事件の影響もあって、定員を超える67人が参加。会場は立ち見が出るほどの盛況ぶりだったという。

「社会には、居場所がない。皆、ひっそりと息をひそめて、自分を責めている」

 6月23日、大分市内でこのように「ひきこもり当事者が、ひきこもり体験から学んだこと」という趣旨の講座を企画したのは、自らも当事者である佐藤尚美さんらがつくった「居場所〜特性を生かす道〜」。この日、実名で顔を出して講師を務めた桂木大輝さん(24歳)も、主催者の1人だ。

 企画したきっかけは、KHJ全国ひきこもり家族会連合会が昨年、大分と宮崎の支部で開いた「つながる・かんがえる対話交流会」に、佐藤さんもファシリテーターとして参加したところ、「当事者の話を聞きたかった」という話を何度も聞いたからだという。

「確かに地方では、引きこもり当事者の話を聞く機会はなかなかない。そこで、当事者の中でも講師に合っていそうな桂木さんに声をかけたんですが、最初は『恐い』「と断られました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)