岩田さんは「おかげさまで、はかどりました」と言われるのが無上の喜びだった 〜糸井重里さんに聞く、任天堂元社長の岩田聡さん

岩田さんは「おかげさまで、はかどりました」と言われるのが無上の喜びだった 〜糸井重里さんに聞く、任天堂元社長の岩田聡さん

糸井重里(いとい・しげさと)さん
1948年生まれ。コピーライター。ほぼ日代表取締役社長。広告、作詞、文筆、ゲームやアプリの制作など、多岐にわたる分野で活躍。「ほぼ日刊イトイ新聞」を開設し、「ほぼ日の学校」ではオンライン学習も配信。『すみません、ほぼ日の経営』(共著、日経BP)など著書多数。

任天堂の元代表取締役社長・岩田聡さんが55歳で早世されたのは、2015年7月。そのニュースは世界中を駆け巡り、国内外のファンから、哀悼のメッセージやイラストが寄せられました。岩田さんは、「私の名刺には、社長と書かれていますが、頭の中はゲーム開発者です。しかし、心はゲーマーです」というご本人の言葉どおり、天才プログラマーであり名物経営者でした。「ゲーム人口の拡大」という目標を掲げ、『ニンテンドーDS』や『Wii』の爆発的ヒットによってそれを実現していきます。ソニーやマイクロソフトの後塵を拝していた任天堂を、世界一のゲームメーカーの座に押し上げたのでした。また、国内外でのプレゼンテーションや、動画「ニンテンドーダイレクト」などでは、製品の“直接!”解説で人気を博し、スーパーマリオと並ぶ任天堂のキャラクターでもありました。
そんな岩田さんの価値観や、哲学、クリエイティブに対する思いがぎっしり詰まった書籍『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』(ほぼ日刊イトイ新聞編、ほぼ日発行)がいよいよ発売に! ほぼ日代表取締役社長の糸井重里さんは、90年代に『MOTHER2 ギーグの逆襲』のプロデューサーとして、制作会社(HAL研究所)社長だった岩田さんと知り合って以来親交を深め、「弟」とも「親友」ともいえる親しい間柄でした。その糸井さんに、「ほぼ日」で岩田さんの本をまとめたきっかけや、岩田さんの魅力をあらためて伺っていきます。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)