グーグル元社員が考案「気が散らないiPhone」って?

グーグル元社員が考案「気が散らないiPhone」って?

グーグル元社員が考案「気が散らないiPhone」って?の画像

ニールセンデジタルの調べ(2018年12月)によると、日本人がスマホを見ている時間は、1日平均3時間超という。平均でこんなにも長いのかと驚かれる人もいるかもしれないが、グーグルで最速仕事術「スプリント(デザインスプリント)」を生み出し、世界のビジネスパーソンの働き方に革命を起こしてきたジェイク・ナップは、新著『時間術大全――人生が本当に変わる「87の時間ワザ」』において、人が毎日それくらいスマホを見てしまうのは当然のことだと言う。
なぜならいま世界では、スマホのアプリ開発会社から、ネットフリックスまで天才エンジニアたちが、世の人々の「1分、1秒」の注意を奪うため、日夜しのぎを削っているからだ。
もはや人間の意志の力では、アプリや動画、ゲーム等の「注意泥棒」に抗することは不可能に近いという。しかし、テクノロジー企業に奪われているこうした時間を減らすことができれば、もっと充実を感じられることや、もっとリラックスできることにたっぷりと時間を割くことができる。では、どうすればいいのか。同書からその秘訣を紹介したい。

■iPhoneから「気を散らすもの」を消してしまう

 僕らが時間と注意を取り戻すために実行した戦術のなかで、おそらくいちばん単純でいちばん強力なものは、スマホからSNSや動画、ゲーム、メールなどの気を散らすアプリを削除して「気が散らないiPhone」をつくることだろう。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)