安宅さんに聞く「人口減でも日本は成長できる。G7並みは無茶じゃない」

この間の日本の経済成長率は、内戦しているアフリカの国並みしかない。成長率だけ見ると、イラクやアフガニスタンのほうが戦禍にもかかわらず高いくらいです。

安宅 何かがおかしいですよね。特にこの15年間が異常。まさにインターネットやAIが、一気に花開いた時期ですから、アメリカあたりは、それをテコに産業のアップデートができたんでしょうね。日本はICT(情報通信技術)しかGDPがまともに伸びていない不思議な状況ですけど、産業がアップデートするところまできていない。つまるところ「宿題をしないまま来てしまった」んですね。

柴山 ということは、既成産業のうち、今からテクノロジーでアップデートする分野に行けば、レア人材になれるんですかね。ヘルスケアとか。

安宅 ヘルスケアは、もうすでに人が集まっていますよね。もう少しブームの前がいいと思うので、たとえば土木系とかですかね。土木系労働者340万人のうち、120万人があと10年で引退する、ということに気づいて、このままいくと橋梁も空港もトンネルもメンテナンスできなくなる!ICTを活用してなんとかしよう!という国家的な検討が今始まっています(国土交通省 i-Construction推進コンソーシアム)。たとえば、計測は機械を使うと3倍ぐらい効率がよくなる。こういうノウハウは輸出も可能ですし、同様の技術革新をあらゆる分野でやっていけばいいと思いますよね。

関連記事(外部サイト)