森保ジャパンの親善試合が国内でしか開催できない意外な事情

森保ジャパンの親善試合が国内でしか開催できない意外な事情

6月9日に行われた国際親善試合・日本−エルサルバドルも、日本国内のひとめぼれスタジアム宮城で行われた Photo:JIJI

2022年のワールドカップ・カタール大会を目指し、森保ジャパンが発足してまもなく1年になる。準優勝したアジアカップをUAE(アラブ首長国連邦)で、グループリーグで敗退したコパ・アメリカをブラジルで戦った一方、現時点で「10」を数える国際親善試合はすべて日本国内で組まれている。新たに決まった9月と11月の国際親善試合も、ともに国内での開催となった。海外の厳しい環境下でプレーしてこそ真の強化につながる、という図式を理解していても実現に至らない舞台裏には何があるのか。対戦国にヨーロッパ勢が含まれていない事情を含めて追った。(ノンフィクションライター 藤江直人)

■直近1年の「国際親善試合」はすべて日本で開催、対戦相手に偏り

 また日本国内での開催か。なぜ海外で強化を図らないのか――。

 日本サッカー協会(JFA)から今月上旬に発表された、森保ジャパンの9月以降の一部日程に対して、こんな思いとともに懐疑の視線が向けられている。

 森保一監督に率いられる日本代表は、活動予定がない7月と8月を経て、9月5日にカシマサッカースタジアムで、11月19日にはパナソニックスタジアム吹田で、対戦相手未定の状況でそれぞれ国際親善試合を行うことが決まった。

 昨夏のワールドカップ・ロシア大会後に、西野朗前監督から森保監督にバトンが託されて、まもなく1年になる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)