「マツダ3」ファストバックとセダンが日本デビュー!その性能に見る新たな挑戦

「マツダ3」ファストバックとセダンが日本デビュー!その性能に見る新たな挑戦

マツダは人間のバランス能力を主題に新世代車両構造技術“スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー(SVA)”を考案 その第1弾は「誰もが羨望するクルマ」を開発テーマに掲げたマツダ3 ボディタイプは5ドアHBのファストバック(右)とセダン(左) 従来のアクセラの後継車 Photo by Akihiko Kokubo

このモデルからマツダの挑戦が始まる「マツダ3」がデビューした。ボディタイプはファストバックとセダン。エンジンは4種。新しいスカイアクティブXは10月発売予定。

■全世界でマツダ3を名乗るニューモデル

 新しいクルマ作りに挑戦したオールニューモデル、マツダ3がデビューした。マツダ3は、アクセラの後継モデル。モデルチェンジを機に、海外名称と統一され、全世界でマツダ3を名乗る。

 ラインアップは、5ドアHBのファストバックと、4ドアセダンの2シリーズ。パワーユニットは1.5リットル・DOHC16V(111ps)、2リットル・DOHC16V(156ps)、1.8リットルディーゼルターボ(116ps)、そしてスカイアクティブXと呼ぶ世界初のSPCCI(火花点火制御圧縮着火)仕様2リットルガソリンの4種。すぐに発売されるのは1.5リットル・DOHC16V(ファストバック専用)、2リットル・DOHC16V、1.8リットルディーゼル搭載モデル。

 スカイアクティブXの詳細は未公表。発売は10月を予定している。

 トランスミッションは6速ATが基本。ファストバックは一部グレードに6速MTをラインアップ。駆動方式はFFと4WD。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)