ミネルバ大学だけじゃない! 学校・塾が教えてくれない「世界最先端の教育機関」6選<後編>

ミネルバ大学だけじゃない! 学校・塾が教えてくれない「世界最先端の教育機関」6選<後編>

THINK Global SchoolのHPより

“校舎も講義もないのに、ハーバードを超える人材が集まる”と話題のミネルバ大学。そのミネルバ大学の日本での認知活動に携わり、『世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバ』を著した山本秀樹氏は、活動を通して多くの優れた教育者と出会い、新しい時代の「教育」を目指す「新しい学校」について見聞きしたという。今回は、その中から、「世界最先端の教育機関」を6つ選んでいただき、前後編でご紹介する。後編は、深い国際・異文化体験を提供する3つの学校だ。

■「世界が学び舎」の旅する高校THINK Global Schoolの何がすごいのか?

前編でご紹介した学校が「最新のテクノロジーや科学技術を学ぶ」ことに注力しているのに対し、最新の情報技術を活かして、従来にないプログラムを提供しているのが、深い国際・異文化体験を提供する学校だ。

2014年に設立されたTHINK Global Schoolはその名のとおり「世界が学び舎」の高校だ。ミネルバ大学は4年間で7か国に居住するが、この高校は1年間に4か国を旅して、各国に約2か月滞在しながらその国の歴史、社会、政治などをテーマにしたプロジェクト学習を実施する。たとえば、2019年度の2年生が日本で取り組むテーマは「電力供給方法の最適化」だ。学生はNPO、電力会社、一般市民の3つのグループに分かれ、それぞれの立場から日本の電力供給源(原子力・火力・水力・太陽光・風力など)の最適化について探究する。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)