【お寺の掲示板 47】高倉健の人生哲学とは

【お寺の掲示板 47】高倉健の人生哲学とは

鳳林寺(静岡) 投稿者:鳳林寺@holyji [2019年7月7日]

■ぐっとためているものが目力に出るんだ

 高倉健さんは日本映画界のスーパースターと呼ぶにふさわしい方でした。私の高校の大先輩なのですが、数多くの出演作品に加えて、実に多くの名言も残されています。今回の言葉、「拍手されるより拍手した方がずっと心が豊かになる」もその1つです。

 この言葉を実践している高倉健さんの姿を、一度テレビでお見かけしたことがあります。それは2000年の第23回日本アカデミー賞の授賞式のことでした。ナインティナインの岡村隆史さんが主演した「無問題(モウマンタイ)」が話題賞を受賞し、壇上で岡村さんが「将来は高倉健さんみたいな俳優になりたいです」と発言したところ、会場の空気が凍り付きました。

 岡村さんはそのとき相当焦ったと思いますが、会場にいた高倉健さんがひとり立ち上がり、大きな拍手を送ったのです。この行動によって会場の空気がぐっと和やかになり、岡村さんは救われました。

 これを見たとき、画面越しにたいへん思いやりにあふれた方なのだということが伝わってきましたし、広い会場の中でひとり拍手を送った後ろ姿が、たいへんに格好良かったことをいまでも覚えています。

 おそらく、この掲示板の言葉が常に頭の中にあったからこそ、迷うことなく立ち上がり、若い岡村さんに対しても拍手することができたのでしょう。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)