日本人サッカー選手の前例なき「海外移籍」ブーム、2つの理由

日本人サッカー選手の前例なき「海外移籍」ブーム、2つの理由

今夏、海外に移籍したのは久保建英だけではありません Photo:NurPhoto

今夏の移籍市場で、Jリーガーたちが続々とヨーロッパへ新天地を求めている。7月末の時点で、森保ジャパンや年代別の日本代表に名前を連ねた11人が移籍を決断した。今年1月の移籍市場でも多くの選手が海を渡るなど、ここにきて海外移籍が一気に活況を呈している。日本サッカー界で何が起こっているのか。目まぐるしく変化する舞台裏の動きを追った。(ノンフィクションライター 藤江直人)

■レアル・久保建英だけじゃないわずか半年で18人が欧州へ移籍

 Jリーガーの海外移籍ラッシュが続いている。今夏の移籍市場がオープンになるや、FC東京から世界一のビッグクラブ、レアル・マドリードの一員になった久保建英をはじめとして、7月末の時点で実に11人がヨーロッパに新天地を求めた。顔ぶれは下記のようになっている。

シュミット・ダニエル GK 27歳 ベガルタ仙台→シントトロイデンVV(ベルギー)
鈴木優磨       FW 23歳 鹿島アントラーズ→シントトロイデンVV(ベルギー)
安西幸輝       DF 24歳 鹿島アントラーズ→ポルティモネンセSC(ポルトガル)
安部裕葵       FW 20歳 鹿島アントラーズ→FCバルセロナ(スペイン)
久保建英       MF 18歳 FC東京→レアル・マドリード(スペイン)
天野純        MF 28歳 横浜F・マリノス→ロケレン(ベルギー2部)
前田大然       FW 21歳 松本山雅FC→CSマリティモ(ポルトガル)
北川航也       FW 23歳 清水エスパルス→SKラピード・ウィーン(オーストリア)
菅原由勢       DF 19歳 名古屋グランパス→AZアルクマール(オランダ)
中村敬斗       FW 19歳 ガンバ大阪→FCトゥエンテ(オランダ)
小池龍太       DF 23歳 柏レイソル(J2)→ロケレン(ベルギー2部)
 
 いずれも各クラブで主力を担い、小池を除けば、森保ジャパンや年代別の日本代表に選出された選手ばかりだ。さかのぼれば今年1月の移籍市場でも、次の選手たちが海を渡っている。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)