すべては依存症になるようデザインされている?――僕らをのめり込ませる6つのテクニック

すべては依存症になるようデザインされている?――僕らをのめり込ませる6つのテクニック

すべては依存症になるようデザインされている?――僕らをのめり込ませる6つのテクニックの画像

「いいね!」欲しさにのめり込むインスタやフェイスブック、「あと1回」が終わらないスマホゲーム、朝まで一気見してしまうネットフリックス、さらには頻繁すぎるメールチェック……。
現在、薬物やアルコールなどの物質への依存だけではなく、「行動」への依存も広がっている。この「新時代の依存症」を、心の仕組みと、私たちをのめり込ませる「依存症ビジネス」の仕掛けの両面から読み解き、さらにはその対処法まで示して世界中が絶賛した『僕らはそれに抵抗できない』が日本でも発売された。テクノロジーを用いる人物や企業が私たちをのめり込ませ、“常習”させようと罠を仕掛けるときに使われる「6つのテクニック」とは?

■すべては依存症になるようデザインされている?

 テクノロジーが本質的に悪というわけではない。

 たとえば私の家族はかつて南アフリカに住んでいたのだが、1998年にオーストラリアへ引っ越して、祖父母と離れて暮らすようになった。私たち兄弟が祖父母と話をするのは、通話料金の高い固定電話で1週間に1度。手紙を書けば到着するのは1週間後。けれど、2004年に私1人がアメリカに渡ったときは、毎日のように家族とメールを送りあった。電話も頻繁にしたし、ウェブカメラで手を振って会話したりもした。テクノロジーのおかげで家族の距離は開かなかった。

『タイム』誌編集者のジョン・パトリック・プーレンも、2016年の記事で、仮想現実での出来事に心を揺さぶられて涙した体験を語っている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)