OODAは 知識創造モデルではない

他の格闘や戦闘同様、空中戦でも背後を取った者が圧倒的な優位を得る。ACM(空中戦闘機動)の力量が問われる1対1のドッグファイトゲーム(戦闘訓練)も当然、訓練であろうと実戦であろうと、背後の取り合いが繰り広げられる。このドッグファイトゲームで6年間、時間にして3000時間、無敗を誇ったのが、アメリカ空軍大佐のジョン・ボイドである。追いかけられる位置から必ず40秒以内に相手の背後を取ることから、「40秒ボイド」という二つ名が与えられた。
 このボイドこそ、最近にわかに注目を集めている「OODA」の提唱者である。朝鮮戦争において、アメリカ軍のF-86戦闘機は、ソ連軍と中国軍のMiG-15戦闘機に比べて、加速、上昇、旋回等いずれの性能でも劣っていたものの、実戦ではF-86のほうが高い戦果を上げた。ボイドは、この成果は、状況認識と意思決定、そして反応の違いと結論付け、OODAという理論を導き出した。
 このように、そもそもは戦闘パイロットのためのフレームワークだったが、その後機動戦における戦術や戦略でも利用されるようになり、いまではビジネスや政治などにも応用されている。
 VUCAといわれる予測の難しい環境では、臨機応変さやスピードといった機動力が求められるが、多くの企業では、過去の前例や流行りの分析手法などから演繹的に導き出されるPDCAアプローチが染み付いており、スタートアップやニッチ企業との競争では明らかに不利である。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)