普通の人が60歳を過ぎても気楽で楽しい高齢化社会を過ごす「マイクロ・アントレプレナー」という生き方

普通の人が60歳を過ぎても気楽で楽しい高齢化社会を過ごす「マイクロ・アントレプレナー」という生き方

安川新一郎(やすかわ・しんいちろう)
グレートジャーニー合同会社代表。
マッキンゼー・アンド・カンパニー東京支社・シカゴ支社に8年勤務。主に通信ITセクターを担当。1999年ソフトバンク株式会社入社。社長室長としてマイクロソフト等とのJV立ち上げ、各種投資案件に関わる。ナスダック・ジャパン(現大証ヘラクレス)創業メンバー、常勤監査役。その後ヤフーBBを始めとするブロードバンド事業、データセンター事業の立ち上げに参画し、アイ・ピー・レボルーション(株)代表取締役社長、グローバルセンタージャパン(株)取締役を歴任。その後、日本テレコム(株)、ボーダフォンジャパン(株)の買収に伴い、ソフトバンクテレコム(株)執行役員インターネット・データ事業本部長、ソフトバンクモバイル(株)執行役員法人事業推進本部長、執行役員プロダクトサービス本部副本部長を歴任。現在は、孫泰蔵氏の設立したMistletoe(株)の上級フェローとして、社会起業家の支援等を行いつつ、政府CIO補佐官等としての行政課題の課題解決、や企業変革に取り組む。一橋大学経済学部卒。

テクノロジーは10年単位、政治・経済は100年単位で大きく変わる? 書籍『ファイナンス思考』著者・朝倉祐介さんの対談シリーズに、今回はマッキンゼー・アンド・カンパニーからソフトバンクグループに転じ、トップである孫正義さんの懐刀として長らく活躍された安川新一郎さんをお迎えしました。安川さんは現在、東京都顧問や政府CIO補佐官などの行政アドバイザーからスタートアップ支援まで幅広く活動されています。政治・経済、テクノロジーなどそれぞれの長期ビジョンの持ち方や、自分の生き方にそのビジョンをどう反映すべきかなどについて、伺っていきます。

■長い歴史から振り返って考える

朝倉祐介さん(以下、朝倉) 孫(正義)さんには、他の人に見えない未来が見えているのでしょうか(前回記事参照)。

安川新一郎さん(以下、安川) 孫社長には、「こういう時代になる」という絵が高い解像度で見えているんだけど、僕ら普通の人には見えない。「え?!社長、そんな風になりますかね」なんて言ったら、すぐイラッとして、なんでわからないんだ!という顔になる。自分だけが解像度高く未来が見えているので、他人に見えないことが理解できない。

 でも、人々の行動習慣が変わったり、市場が温まるには少し時間がかかるんですよね。孫社長は本質に近づくのが早すぎるので、早めにアクセルを踏み過ぎちゃって、世の中の人からは「危なかっしい」とか「失敗しそうだ」と言われる。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)