トヨタが欧州で自動運転車の走行テスト開始、対する現地勢の現状は?

トヨタが欧州で自動運転車の走行テスト開始、対する現地勢の現状は?

トヨタは欧州で自動運転車のテスト走行を開始 欧州の自動運転車 開発プロジェクト“L3パイロット”一環とし開発を加速させる Photo:TOYOTA

■ベルギーのブリュッセル市街地で13ヵ月舞台を欧州にも拡大展開し、開発を進める

 トヨタが欧州で、初めて自動運転車の公道走行テストを開始する。トヨタは従来、日本と米国で自動運転車の公道走行テストを行ってきた。舞台を欧州にも拡大展開し、開発を進める。

 欧州での公道走行テストは、ベルギーのブリュッセル市街地で、13ヵ月にわたって行う。トヨタはそのための準備として、数ヵ月にわたって自動運転システムの検証、ドライバーの訓練、ルートの分析、テストコースでのシミュレーションと走行などに取り組んできた。

 トヨタは欧州の公道における自動運転車の初の走行テストで、複雑で予測不可能な歩行者や自転車の動きが、自動運転システムに与える影響を研究することをテーマに掲げる。ランナバウトなど、欧州ならではの道路環境のもとで、自動運転車の開発を進める狙いがある。

 トヨタの公道走行テストには、旧型レクサスLSをベースにした自動運転プロトタイプ車を使用する。最新のシステムが搭載されており、ルーフにはライダー(LiDAR)、レーダー、カメラ、高精度測位システムなどを装備。不測の事態に備えて、車内にはシステムを無効にするドライバーと、システム全体を監督するオペレーターが同乗する。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)