インスタで「いいね!」中毒に陥った10代モデルの告白

インスタで「いいね!」中毒に陥った10代モデルの告白

インスタで「いいね!」中毒に陥った10代モデルの告白の画像

インスタグラムが、「いいね!」を非表示に――。
2019年7月18日、日本を含む7か国で、SNSを特徴づける機能のひとつである「いいね!」を非表示にするテストが始まった。背景には、「いいね!」がユーザーの精神に及ぼすプレッシャーがあるという。SNSの代表格であるインスタグラムがそこまでするほどに、SNSにのめり込む傾向は危機的状況にあるようだ。
現在、薬物やアルコールなどの物質への依存だけではなく、こうした「いいね!」依存のような「行動」への依存も広がっている。この「新時代の依存症」を、心の仕組みと、私たちをのめり込ませる「依存症ビジネス」の仕掛けの両面から読み解き、さらにはその対処法まで示して世界中が絶賛した『僕らはそれに抵抗できない』。同書から、インスタグラムで「いいね!」依存に陥ったある女性の痛々しい告白、そして「いいね!」に人がのめりこむ仕組みをご紹介しよう。

■インスタで「いいね!」中毒に陥った10代モデルの告白

 あるインスタグラマーは、自分が投稿した美しい写真の裏側をみずから暴露して話題になった。オーストラリアで活動するエセナ・オニールというモデルの女性は、インスタグラムに50万人のフォロワーがいたのだが、あるときアカウントネームを「Social Media Is Not Real Life(ソーシャルメディアはリアルじゃない)」に変更して、それまでに投稿した写真数千枚を削除した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)