日本の鉄鋼メーカーを襲う「新たな形の中国リスク」の正体

日本の鉄鋼メーカーを襲う「新たな形の中国リスク」の正体

中国政府が行った莫大なインフラ投資に伴い、中国鉄鋼メーカーが大増産。日本の鉄鋼メーカーに思わぬ影響を与えている Photo:Imaginechina/時事通信フォト

米中の覇権争いを端緒とし、鉄鋼業界では中国を震源地とする新たなリスクが発露。鉄鋼大手3社の2019年4〜6月期の決算は厳しい結果に終わった。出口は当分見えそうもなく、首位の日本製鉄ですら本格的な構造改革を迫られそうだ。(ダイヤモンド編集部 新井美江子)

 ついに、ハイテク分野を主戦場とした米中の覇権争いが、オールドエコノミーの代表格である日本の鉄鋼業界にも深い影を落とすことになった。

 8月9日までに出そろった鉄鋼メーカー大手3社の2019年4〜6月期の決算は、総じて厳しいものだった。

 日本製鉄(旧新日鐵住金)の本業のもうけを示す事業利益は前年同期比33.1%減に、JFEホールディングスの事業利益も同63.1%減に落ち込んだ。神戸製鋼所に至っては、5億円の経常赤字に転落するほどの壊滅ぶりだ。

 日本製鉄の傷は相対的には浅く見えるが、実情は異なる。日本製鉄の20年3月期通期の個別決算の業績予想は「経常赤字650億円」。鉄鋼事業を行う単体決算では、しっかり赤字に転落する見通しなのだ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)