エズラ・F・ヴォーゲル教授「2008-2010年が日中関係“リバランス”の転換点だった」

エズラ・F・ヴォーゲル教授「2008-2010年が日中関係“リバランス”の転換点だった」

エズラ・F・ヴォーゲル先生

1979年に発売された『ジャパン・アズ・ナンバーワン アメリカへの教訓』は80年代にかけて一大ブームを巻き起こし、累計70万部のベストセラーとなった。その著者であるハーバード大学のエズラ・F・ヴォーゲル名誉教授は、米国の東アジア政策に影響を与えつづけている“知の巨人”である。今回、ヴォーゲル教授が日本読者のために語り尽くした新刊『リバランス 米中衝突に日本はどう対するか』(聞き手・加藤嘉一)の刊行に寄せて、世界のパワーバランスの変化にともなって特に気になる日中関係を中心に寄稿いただいた。

 今回の拙著『リバランス 米中衝突に日本はどう対するか』は、米日中関係に生じた変化を論じつつ、日本の針路を検討したもので、それを表すタイトルの『リバランス』も気に入っている。

 1895-1896年の日清戦争の時期まで、中国は日本について小さく、弱く、取るに足らない国とみなしていた。日本のことを学ぼうとした中国人は、ほとんどいなかったであろう。

 ところが、日本が戦争に勝ったことは、中国人に衝撃を与えた。戦後すぐに、孫文、康有為、梁啓超など中国の重要な指導者たちが動いて、日本を訪れた。1896年から1931年に満州事変が勃発し戦争が始まるまで、中国は周恩来、周作人、魯迅、廖承志など数万人を日本に派遣し、日本から多くを学びました。1895年から1945年まで、日本は支配的な大国であり、経済的にも軍事的にも中国をしのいでいた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)