ユーグレナの永田副社長に聞く「社会を変える本当のイノベーションを、世の中に実装するための本だ」

ユーグレナの永田副社長に聞く「社会を変える本当のイノベーションを、世の中に実装するための本だ」

永田暁彦
株式会社ユーグレナ副社長

読み手が持つべきは、解決したい課題と、世を良くしたいというパッションだけ……!? 「人と地球を健康にする」というスローガンのもと、ミドリムシ(学名ユーグレナ)の培養技術をもとに、健康食品や化粧品の開発、バイオ燃料の研究を進めるユーグレナ。この8月には、いっそう未来に目を向けていこうと、「18歳以下のCFO(最高未来責任者)」を募集する新聞全面広告を出して話題にもなりました。同社の副社長であり、日本最大級の技術系ベンチャーキャピタルであるリアルテックファンドの代表も務める永田暁彦さんは、濱口秀司さん著『SHIFT:イノベーションの作法』をどのように読んでくださったのでしょうか。

 人は、イノベーションという言葉が好きだ。イノベーティブな企業、仕組み、機械、組織。

 しかし、多くの人がイノベーションを誤解している。「イノベーション」とは、発想の奇抜さやユニークさだけではない。社会に実装され、正のインパクトを与えているからこそ、人々は共感し尊敬する。

 そういう意味で、本書は誰も思いついていないあっと驚くアイデアを導き出すための手引きではない。社会を変える本当のイノベーションを、世の中に実装するための本だ。

 しかも、それがある特定の能力を持った人ができるように書いたものでもない。立場によるものでもない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)