エズラ・ヴォーゲル教授の半世紀にわたる東アジア研究とその姿勢から学ぶべきこととは?

ベストセラー『ジャパン・アズ・ナンバーワン:アメリカへの教訓』から40年! その著者にして東アジア研究の権威であるハーバード大学のエズラ・F・ヴォーゲル名誉教授の素顔とは? 世界のバランス再均衡に対し日本はどう立ち振る舞うべきか、毎年のように日中両国に足を運んできたヴォーゲル教授がいま日本人に伝えたいことを語り尽くした新刊『リバランス 米中衝突に日本はどう対するか』が発売されました。ヴォーゲル教授に薫陶を受けた“教え子”の一人であり、今回の本の聞き手である加藤嘉一さん(香港大学兼任准教授)による「はじめに」を一部ご紹介します。東アジア研究に打ち込むヴォーゲル教授の素顔が垣間見られます。

 人は一生のうちに、果たして何人から「真の影響」を受けるのであろうか。
 私にとって、エズラ・ヴォーゲル先生(以下「先生」)は、間違いなくその一人であろう。

 縁あって、2012年8月から2年間、ハーバード大学のケネディスクール(公共政策大学院)とアジアセンターに籍を置きながら、中国問題、日米中関係、東アジアの国際関係などを研究する機会を得た。この機会を作ってくれたうえ、滞在中、何から何までお世話になったのがヴォーゲル先生である。

■日本を研究することになったきっかけ

 先生は、自分が来年90歳になること、両親がヨーロッパから移民してきたユダヤ人であること、オハイオの小さな街で育ち、教育を受けたことなどを、みずから進んで語りかけてくる。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)