世界シェア9割「有機EL材料工場」で見た日本のスーパー技術【工場潜入動画付き】

世界シェア9割「有機EL材料工場」で見た日本のスーパー技術【工場潜入動画付き】

イリジウムは酸にもアルカリにも溶けない上、融点は約2500度と超高温であり、おいそれと加工ができない

茨城県は土浦市に、世界シェア9割を誇る有機ELディスプレーの材料を製造している工場がある。フルヤ金属の土浦工場だ。決して大きな企業ではない。何せ、年商214億円だ。なぜそんな企業が世界を席巻しているのか。今回、ダイヤモンド編集部は秘密を握る工場への“潜入”に成功。日本の素材メーカーの強みに迫った。(ダイヤモンド編集部 新井美江子)

■世界を席巻する知る人ぞ知る有機ELの立役者

 日本屈指の乗降客数を誇る東京・池袋駅から、JR山手線で2分。池袋駅に比べるとぐんと静かな大塚駅で降り、数分歩くとその会社の本社はある。

 フルヤ金属――。売上高わずか214億円。だが、有機ELディスプレーに必須の、とある材料の供給を一手に担う、知る人ぞ知る企業である。

 有機ELといえば、米アップルのiPhoneにも採用されている“宝の山”だ。電気を流すと特定の有機化合物を使った材料が発光するディスプレーで、液晶と違ってバックライトが必要ない。そのため、薄くて軽く、曲げられる。高画質でもあることから、「液晶の次」との呼び声が高い次世代ディスプレーだ。

 フルヤ金属が手掛けているのは、有機ELの発光材料として採用されている「燐光(りんこう)材」向けの1次材料だ。いわば有機ELの“大本”であり、その名を「高純度イリジウム化合物」という。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)