上海高島屋、撤退取りやめて「継続宣言」も前途はいばらの道

上海高島屋、撤退取りやめて「継続宣言」も前途はいばらの道

撤退発表から一転、営業継続を宣言した上海高島屋。しかし、今後これといったビジョンがあるようには見えない Photo:Imaginechina/JIJI

今年6月に閉店と清算を発表した上海高島屋が8月下旬、一転して営業継続を決めた。お客とテナントを振り回した末の「続投宣言」だが、今後の経営が軌道に乗るビジョンはあるのだろうか。(ジャーナリスト 姫田小夏)

■撤退宣言から突然の「営業継続」振り回されたお客とテナント

 今年6月、上海高島屋(高の文字は、正式には“はしご高”)は閉店と清算を宣言したが、それは一大ニュースとなって上海中を駆け巡り、利用者に大きな衝撃を与えた。ところが8月下旬に一転して営業継続をアナウンス。利用者たちが見せたのは喜びではなく、“白けムード”だった。

 上海高島屋が立地する古北新区に20年にわたって居住し、同店を利用してきた日本人女性・平川公子さん(仮名)は「上海高島屋の継続を手放しでは喜べません。上海の日本人の間では『これじゃ、“オーラス詐欺”みたいじゃないの』とまで言われています」と語る。

 オーラスとはオールラストの略語で、公演の最終日を示す用語。「これで見納め、最終公演!」という触れ込みでコンサートチケットをさばきつつも、「追加公演」があらかじめ決定している場合もあり、世の中ではこうした行為を“オーラス詐欺”と呼んでいる。

「日本人であれ中国人であれ、近隣に在住する人たちはみな、上海高島屋での買い物はこれが最後だと思って、たくさん買い物をしたんです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)