「結婚・離婚・出産」に対する「世界の宗教」の考え方

「結婚・離婚・出産」に対する「世界の宗教」の考え方

「結婚・離婚・出産」に対する「世界の宗教」の考え方の画像

アメリカ・ヨーロッパ・中東・インドなど世界で活躍するビジネスパーソンには、現地の人々と正しくコミュニケーションするための「宗教の知識」が必要だ。しかし、日本人ビジネスパーソンが十分な宗教の知識を持っているとは言えず、自分では知らないうちに失敗を重ねていることも多いという。本連載では、世界94カ国で学んだ元外交官・山中俊之氏による著書、『ビジネスエリートの必須教養 世界5大宗教入門』(ダイヤモンド社)の内容から、ビジネスパーソンが世界で戦うために欠かせない宗教の知識をお伝えしていく。

■「ユダヤ教徒、イスラム教徒は子だくさん」は事実なのか?

 経済発展をとげたほとんどの国で、社会問題となっているのが少子高齢化。急激に増えた中国の人口でさえ、二〇三〇年代に減少に転じるといわれています。

 世界的に見て出生率が高いのは、アフリカの国々です。その背景には、労働力への期待、高い乳幼児死亡率、子どものうち一人が成功すれば家族全体が恩恵を受けられるなど、多くの社会経済的要因があります。

 私は、神戸情報大学院大学において、多くのアフリカ人留学生としばしば議論しますが、アフリカでの人口増加問題について、「欧米の視点のみで議論してもらっては困る。アフリカはまだまだ発展途上であり、労働力が必要」といった意見を多く聞きます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)