全国公立高校「国公立大学合格力」ランキング・ベスト10!3位岐阜、2位堀川、1位は?【2020年入試版】

全国公立高校「国公立大学合格力」ランキング・ベスト10!3位岐阜、2位堀川、1位は?【2020年入試版】

全国公立高校「国公立大学合格力」ランキング・ベスト10!3位岐阜、2位堀川、1位は?【2020年入試版】の画像

「国公立100大学合格力」全国ランキングの上位では私立中高一貫校が勢いを増している。防戦一方に見える公立校の序列はどのようになっているのか。今回は都道府県立の高校・中高一貫校を抜き出してランキングを作成してみた。(ダイヤモンド・セレクト編集部)

■私立中高一貫校全盛の中で公立校は

「国公立100大学合格力」全国ランキングのベスト10に、公立校はわずか2校のみで、私立と国立の中高一貫校が上位を占めていた。この傾向は大都市圏では特に顕著である。

 では、都道府県立の名門校はいまどのような状況になっているのか。今回は公立校だけを抜き出して全国ランキングを作成してみた。算出方法については、記事の末尾に掲載している。

 ランキングを眺めてみると一目瞭然だが、全体的に「西高東低」の状況にある。特に首都圏の公立校は、25位土浦第一(茨城)を除けば、38位浦和(埼玉)まで出てこない。首都圏には早慶上理やMARCHといった難関私立大や私立の医大・医学部が多いこともあって、進学校から私立大に流れてしまう傾向があるため、こればかりは致し方ないのかもしれない。東大合格者数では全国トップクラスの都立日比谷高がこのランキングでは71位という点にそのことが表れている。

 まずはランキング上位校を見ていこう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)