エズラ・ヴォーゲル教授に聞く「米国民は自信を失い、祖国に失望している」

米国民が自信を失っている? 世界のリバランスに日本がどう立ち振る舞うべきか、東アジア研究の権威であるハーバード大学のエズラ・F・ヴォーゲル名誉教授がいま日本人に伝えたいことを語り尽くしていただいた新刊『リバランス 米中衝突に日本はどう対するか』。発売を記念して中身を一部ご紹介いたします。聞き手は、香港大学兼任准教授の加藤嘉一さんです。

Question
中国の台頭など外部環境が変化していくなかで、米国の国内状況をどのようにとらえられていますか。特に、習近平国家主席が「中国の夢」を掲げ、2013年、カリフォルニア州にあるサニーランドでバラク・オバマ前大統領(1961〜)と行われた会談にて、「中国の夢」はアメリカンドリームと相通じている、とまで言いました。一人の米国民として、アメリカンドリームのあり方の変遷をどうご覧になりますか。

ヴォーゲル教授 アメリカンドリームは、私が幼い頃から追い求め、養ってきたものだ。

 だが最近、多くの米国人は祖国に対して失望している。アメリカンドリームは失敗した、と私は思っている。米国も失敗した、と思っている。

 すべての国民ではないにせよ、多くの国民はアメリカンドリームがすでに「夢物語」に終わってしまったと落胆しているように見える。多くの国民にはよい仕事がない。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)