ソフトバンク、松竹など21社が加盟する 「プレゼン力強化」をめざす団体がスタート

ソフトバンク、松竹など21社が加盟する 「プレゼン力強化」をめざす団体がスタート

プレゼンテーション協会について説明する代表理事の前田鎌利氏。

『社内プレゼンの資料作成術』『プレゼン資料のデザイン図鑑』(ともにダイヤモンド社)などシリーズ累計25万部を突破した、プレゼンテーションの第一人者・前田鎌利さんが中心になって設立された「一般社団法人プレゼンテーション協会」が本格的な活動を開始した。9月9日に設立記者会見が開催され、ソフトバンク、ベネッセ、松竹など21社が加盟して、相互交流を図りながら社員のプレゼン力の向上を図るために、4つの事業を展開する方針が発表された。(ダイヤモンド社 田中泰)

 一般社団法人プレゼンテーション協会を設立した前田鎌利氏は、ソフトバンク時代に孫正義氏に対するプレゼンで何度も「一発OK」を勝ち取ったほか、孫正義氏のプレゼン資料の作成を任されるなど、プレゼンの第一人者として知られる。ビジネスの現場で培ってきたノウハウをまとめた『社内プレゼンの資料作成術』『プレゼン資料のデザイン図鑑』(ともにダイヤモンド社)などがシリーズ累計25万部を突破するなど、多くのビジネスパーソンから支持を集めている。

 前田氏は、これまでのべ600社でプレゼンに関する研修を手がけてきたが、そのプロセスでクライアント企業から、おおむね次の3つの問題意識を打ち明けられることが多かったという。

1 せっかくの研修も“受けっぱなし”になっている
2 実際のスキル習得が確認できない
3 社内でプレゼン・スキルを伝播・共有する「自走力」がない

 そこで、これらの課題を解決することによって、「日本のプレゼン力の底上げ」を図ることを目的に同協会を設立。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)