痴漢がひるむ「痴漢抑止バッジ」、身に着けるだけで効果がある理由

痴漢がひるむ「痴漢抑止バッジ」、身に着けるだけで効果がある理由

デザインコンテストから採用された痴漢抑止バッジ。キャラクターやポップな色味で、女子高生が身に着けやすいのが特徴だ

日本は現在、世界屈指の“痴漢大国”と揶揄され、CHIKAN(痴漢)は、世界で通じる日本語のひとつになっている。そんななか、ある母娘が考案した「痴漢抑止バッジ」が注目を浴びている。痴漢を取り巻く日本の現状と、痴漢抑止バッジの効果に迫る。(清談社 真島加代)

■「制服」が痴漢のターゲットに!卑劣な加害者の心理とは

 満員電車のなかで起きる卑劣な犯罪行為の代表例といえば“痴漢”だろう。日本の電車内での痴漢発生率は世界一高い一方で、正確な数字を把握することができないという。

「被害者の多くは中高生の女子で声を上げることをためらうケースが多いため、被害者が泣き寝入りするケースがほとんどです。警察庁の統計では、実際に被害届を出しているのは、全体の1割ほどの被害者と見られています」

 そう話すのは、『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)の著者で、大森榎本クリニックで精神保健福祉部長(精神保健福祉士・社会福祉士)を務める斉藤章佳氏。榎本クリニックでは性犯罪加害者を対象にした更生プログラムを日本で先駆的に実施しており、斉藤氏も数多くの痴漢加害者や被害者に接しているひとりだ。

「痴漢加害者は、発覚リスクが低い相手をターゲットにする傾向があります。その際に指標になるのが女子中高生の“制服”なんです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)