【大江千里インタビュー2】「男ユーミン」と呼ばれ、メガヒットを飛ばしたポップス時代を捨てて

【大江千里インタビュー2】「男ユーミン」と呼ばれ、メガヒットを飛ばしたポップス時代を捨てて

【大江千里インタビュー2】「男ユーミン」と呼ばれ、メガヒットを飛ばしたポップス時代を捨てての画像

日本のポップス界での活躍を捨て、ジャズ・ピアニストになるべく47歳で渡米した大江千里さん。それから12年目となる今、5枚目の前作『Boys&Girls』は全米のジャズラジオチャートで70位に。ライブ活動は全米からヨーロッパにまでと広がっています。9月4日に発売になる6枚目のアルバム『Hmmm』も、さらに磨きのかかったオリジナル9曲を収録。還暦を前に振り返る人生と、音楽への冷めやらぬ思いを4回にわたり、語ってもらいました。インタビュー第2回は、ポップス時代の知られざるエピソードと、そこからなぜアメリカのジャズ専門大学へと留学を決めたのかに迫ります。「自分を裏切らない生き方」の大切さとは。(聞き手/森 綾、撮影/榊 智朗)

■「神戸に住んでることにしろ」と

――千里さんは1983年、関西学院大学在学中に、ポップスのシンガーソングライターとしてデビューされました。当時私はお隣の神戸女学院大学の1年生でバンドをやっていたのですが、音楽仲間の間ですごく話題になっていて。たまたま阪急電車に千里さんが乗ってるのをお見かけしたことがあって、隣の車両の連結から必死に覗いていたのを覚えています。神戸の男の子、としてデビューされたのは当地の人間にとっては鮮烈でした。

大江 当時、ヒットメーカーだったEpicソニーの小坂洋二プロデューサーが「神戸からアーテイストデビューするっていうコンセプトってあたらしくていいのじゃないか」って発案したのです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)