大反響!金スマ5回目の登場『医者が教える食事術』でわかったアレもコレも実は意味がない驚きの「食の常識」とは?

そして今回、『医者が教える食事術2 実践バイブル』にも掲載されているある研究結果で、スタジオの「太るのはカロリーか糖質か?」論争に決着が!?

「トップジャーナル『THE NEW ENGLAND JOURNAL OF MEDICINE』(2008年)に掲載された研究によると、すでに「肥満の原因はカロリーの摂りすぎ説」は過去のものとなっています。

 本研究は、2年間、322人の中等度の肥満者を対象に、次の3つのダイエット法に分けて比較したものです。

(1)低脂肪でカロリー制限 男性1日1800カロリー、女性1日1500カロリーとし、エネルギーの30%を脂肪から摂取。ただしその10%は飽和脂肪酸。
(2)地中海食でカロリー制限 男性1日1800カロリー、女性1日1500カロリーとし、エネルギーの35%を脂肪から摂取。ただし、そこに30〜45グラムのオリーブオイルと5〜7個(20グラム以下)のナッツを含む(地中海食とはイタリア、ギリシャなど地中海沿岸諸国の伝統的な食事オリーブオイル、全粒穀物、野菜、果物、豆、ナッツが豊富。乳製品、魚、赤ワインも食す)。
(3)低炭水化物食 カロリーは無制限で、最初の2カ月は1日の炭水化物量を20グラムに制限。徐々に120グラムまでに増やしていく。

 ちなみに、1日120グラムでも非常に少なく、平均的日本人は1日300グラムを超える炭水化物を摂取していることを頭に入れておいてください。

関連記事(外部サイト)