成田の機内食工場がスーパー銭湯に転身、台風被災者を受け入れ「嵐の船出」

成田の機内食工場がスーパー銭湯に転身、台風被災者を受け入れ「嵐の船出」

ホテル「ラディソン成田」敷地内にオープンした温浴施設「湯楽城」。浮世絵が何枚も飾られ、夜にはライトアップされた噴水ショーが楽しめる Photo by Rika Yanagisawa

米デルタ航空が成田国際空港から撤退し、発着枠が拡大する羽田空港に路線を集約する。同社が“成田離れ”する中、旧ノースウエスト航空時代から持っていた大型機内食工場が、訪日客をターゲットとしたスーパー銭湯に変貌を遂げていた。グランドオープン直後に台風15号による停電で営業を休止したものの、9月11日夕方から再開し、被災した地元客に無料開放して賑わっている。(ダイヤモンド編集部 柳澤里佳)

■米デルタ“成田離れ”で工場閉鎖跡地がスーパー銭湯&撮影スタジオに!

 「機内食工場をクローズした時から、こうなることは分かっていたけどね」

 米航空大手のデルタ航空が8月中旬、成田国際空港から撤退して東京国際空港(羽田空港)に首都圏発着路線を集約すると発表した。この発表を耳にした航空関係者たちは、こうなることは“既定路線”だったと受け止める。

 2020年春から羽田の国際線発着枠が拡大することに伴い、デルタは成田〜シアトル、デトロイト、アトランタ、ポートランド、ホノルルの米国5路線を羽田へ移管。成田〜シンガポール、マニラ線は廃止する。羽田集約後、米系キャリアでは羽田で最多便数を運航することになる。

 16年の日米航空交渉の結果、デルタは羽田〜ロサンゼルス、ミネアポリス線を開設。その一方で成田〜ニューヨーク線をはじめ就航実績の長い路線から撤退し、“成田離れ”を加速させていた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)