【現代の知の巨人・出口治明 大阪・梅田講演会ダイジェスト5】 「ダーウィンの進化論」が 現代の私たちに教えてくれること

【現代の知の巨人・出口治明 大阪・梅田講演会ダイジェスト5】 「ダーウィンの進化論」が 現代の私たちに教えてくれること

Photo: Adobe Stock

世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。
その出口学長が、3年をかけて書き上げた大著がついに8月8日にリリースされた。聞けば、BC1000年前後に生まれた世界最古の宗教家・ゾロアスター、BC624年頃に生まれた世界最古の哲学者・タレスから現代のレヴィ=ストロースまで、哲学者・宗教家の肖像100点以上を用いて、世界史を背骨に、日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説したとか。
なぜ、今、哲学だけではなく、宗教を同時に学ぶ必要があるのか?
脳研究者で東京大学教授の池谷裕二氏が絶賛、小説家の宮部みゆき氏が推薦、原稿を読んだ某有名書店員が激賞する『哲学と宗教全史』が発売たちまち大きな重版が決まったという。
8月10日、大阪・梅田に131名が集結。満員御礼で開催された出版記念講演会の模様をお届けする5回目。今回はどんな話が出てくるのだろうか。

■「ダーウィンの進化論」が教えること

 社会が進化すると、技術がどんどん進化する。
 それから、科学がどんどん進化すると、今までわからなかったことが簡単にわかるようになります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)