【お寺の掲示板54】沢庵和尚の戒め「前後際断」

【お寺の掲示板54】沢庵和尚の戒め「前後際断」

超覺寺(広島) 投稿者:@chokakuji [2019年7月10日]

■先が見えた気になるからするのが「取り越し苦労」

 今回は掲示板大賞の常連である超覺寺さんの掲示板です。

 お笑い芸人のバカリズムさんが、いかにも相田みつをさんが書いたような言葉を書いて、その真偽を問う、「この詩は相田みつを作?バカリズム作?」というフジテレビの番組内で紹介された言葉です。

 当然のことながら、先(未来)を正確に見通せる人などこの世にはいません。

 しかし、例えば「老後の生活には2000万円以上の資金が必要」というニュースが流れると、多くの人々が焦り、まだ見ぬ未来を悲観してしまいます。もちろん、2000万円以上必要な方もいるでしょうが、すべての人がそうとは限りません。

 このようなニュースを聞くことで自分の先(未来)が見えたように錯覚して不安になり、まだ知りえない未来に対して取り越し苦労を強いられるのです。

 昨年末の連載で、『中部経典』の文章を紹介させていただきました。

過去を振り返るな、未来を追い求めるな。
過去となったものはすでに捨て去られたもの、
一方、未来にあるものはいまだ到達しないもの。
そこで、いまあるものをそれぞれについて観察し、
左右されずに、動揺せずに、それを認知して、増大させよ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)