圧倒的な成果を出すための効率的学習法「2倍未満の法則」

圧倒的な成果を出すための効率的学習法「2倍未満の法則」

圧倒的な成果を出すための効率的学習法「2倍未満の法則」の画像

“世界一厄介な課題”と言われる「宇宙ゴミ(スペースデブリ)」に挑む日本人起業家がいる。アストロスケール創業者兼CEO、岡田光信さんだ。2013年、資金も人脈も技術もない40歳が始めた「無謀な挑戦」は、たった6年で150億円を超える資金を調達して独自技術と世界初のビジネスモデルを構築し、さらに2020年の半ばにはスペースデブリ除去実証衛星の打上げも控えている。そんな“宇宙起業家”が自身の思考の原則を初めて明かした『愚直に、考え抜く。』から、反響の大きかったノウハウをご紹介する。今回は、宇宙に進出する際に3か月で300本の論文を読んだという岡田さんの効率的学習法を明らかにする。

■限られた時間で基礎知識を身につける最強の方法

 まったく知識がゼロの課題にぶつかるとき、基礎情報を手に入れるための学習時間が必要な場合がある。私の場合、人工衛星の知識や、宇宙物理学の知識はゼロから勉強せざるを得なかった。

 どんな人でも、完璧な知識があるわけではない。「あるべき姿」にたどり着くには、技術、営業、資金、組織、法律……。いろんな基礎知識を持っていなければいけない。課題の解決法を考える際に判断ができないからだ。

 その基礎知識を手に入れるために、「学習時間」が必要である。どんな知識でも最低限のことがわかっていると、判断ができるようになる。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)