なぜ最初の動機は「不純」でいいのか?!

なぜ最初の動機は「不純」でいいのか?!

Photo: Adobe Stock

誰でもできるけれど、誰もやっていない「年収1億円の習慣」。年収1億円以上の人の「習慣」には、ある「共通のルール」があります。でも、その「習慣(ルール)」を行うのに、特別な才能もいりませんし、最初にお金が必要になることもありません。誰でもできる「シンプルな習慣」を、あなたが身につけさえすれば、年収1億円は、実現可能なのです。

■最初は「不純な動機」でいい。特に大切なのは「物欲」を持つこと

『開運! なんでも鑑定団』(テレビ東京)で知られる古美術鑑定家の中島誠之助さんは、著書『真贋のカチマケ〜鑑定士の仕事〜』(二見書房)の中で、「時間をかけて本物をたくさん見なさい」と述べています。

私は、「億万長者」の世界も、「古美術」の世界に似ていると感じています。
「億万長者になりたいのなら、目を見開いて、本物の億万長者をたくさん見ればいい」ということです。ニセモノの億万長者も、たくさんいますから、注意も必要です。
私はこれまで100人以上の億万長者(年収1億円以上)を見てきましたが、彼らの人生観やビジネス観には、共通するひとつの「原理原則」があります。それは、

「自分の欲求に正直なこと」

です。億万長者は、「欲」を大切にしています。商品やサービスを生み出すときも、まずは、「自分が欲しているものを商品化しよう!」と考えます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)