最大の失敗は「新しい市場に挑戦しなかったこと」ヘイ・佐藤裕介社長

資金調達にサービスの立ち上げ、上場や事業売却と、ポジティブな側面が取り上げられがちなスタートアップだが、その実態は、失敗や苦悩の連続だ。この連載では、起業家の生々しい「失敗」、そしてそれを乗り越えた「実体験」を動画とテキストのインタビューで学んでいく。第1回はヘイ代表取締役の佐藤裕介氏の「失敗」について聞いた。(聞き手/ダイヤモンド編集部副編集長 岩本有平、動画ディレクション/ダイヤモンド編集部 久保田剛史)

「これまでの最大の失敗は、参入するだけの力があったにもかかわらず、新しい市場に挑戦しなかったこと」――そう語るのは、ヘイ代表取締役の佐藤裕介氏だ。

 佐藤氏は、学生時代から自らプログラミングを行っていくつかのサービスを立ち上げた後、2008年にGoogle入社。広告関連の製品開発を担当して独立した。2010年にはアドテクノロジーを開発するフリークアウトの創業にCOOとして参画。同時にイグニスにも取締役として参画しており、2014年には両社ともに東証マザーズ市場に上場している。そして2018年には、新会社のヘイを設立。決済サービスを手がけるコイニーと、ECサイト構築サービスを手がけるSTORES.jp、2つのスタートアップを傘下に置き、事業を展開している。ここからは佐藤氏に、これまでの起業家としての道のり、そして失敗の経験を語ってもらおう。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)