久保建英が日本代表にもたらした「若手の競争激化」という化学反応

久保建英が日本代表にもたらした「若手の競争激化」という化学反応

サッカーW杯アジア2次予選でミャンマー代表と対戦する久保建英 Photo:EPA=JIJI

スペインでデビューを果たしたMF久保建英(RCDマジョルカ)が、森保ジャパンの中にも新たな化学反応を呼び起こそうとしている。トップ下で大きなインパクトを残してから3ヵ月。ワールドカップ予選を勝ち抜いていくための戦力として、引き続き招集された9月シリーズでは右サイドハーフとしてプレーした。ポジションが重なる24歳の南野拓実(ザルツブルク)と21歳の堂安律(PSVアイントホーフェン)、切磋琢磨する後輩たちを笑顔で見守る33歳のベテラン、DF長友佑都(ガラタサライ)の言葉を紐解きながら、18歳の逸材の現在地を追った。(ノンフィクションライター 藤江直人)

■史上2番目の若さで日本代表にその間にレアルからマジョルカへ移籍も

 この夏に18歳になったばかりの、無限の可能性を秘めた少年を触媒として、日本代表に化学反応が起ころうとしている。6月シリーズに続いてMF久保建英(RCDマジョルカ)を日本代表に招集した理由を、森保一監督はこう説明した。

「6月のキリンチャレンジカップやコパ・アメリカでプレーさせてみて、彼自身のプレーのクオリティーが代表選手としての戦力に相応しいと判断しました」

 エルサルバドル代表と対峙した、6月9日のキリンチャレンジカップの後半途中から出場。日本代表史上で2番目に若い、18歳5日でデビューを果たした久保は、東京五輪世代を中心とする陣容で臨んだコパ・アメリカでも3試合すべてでピッチに立った。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)