英雄や夢物語でなく、誰もが失敗を冒し迷っているから共感できる!ビジネスパーソンにお薦めのオペラについて、ドニゼッティ音楽祭芸術監督に聞く

英雄や夢物語でなく、誰もが失敗を冒し迷っているから共感できる!ビジネスパーソンにお薦めのオペラについて、ドニゼッティ音楽祭芸術監督に聞く

フランチェスコ・ミケーリ氏
(演出家・ドニゼッティ音楽祭芸術監督)
国内外の主要な芸術祭、劇場に招かれ、数々の舞台をプロデュースするほか、ミラノ・スカラ座管弦楽団との子ども向け教育プログラムをはじめ、より多くの人々がオペラの世界を楽しむためのプログラムを劇場と制作している。テレビでも毎週ホストを務めるなど、教育者としても注目を浴びるイタリアのスター。ベルガモ出身。

人々に夢を見させるオペラという形態でありながら、さまざまな問題や平凡で普通の人々について語るオペラとは…?イタリアの人気音楽プロデューサーで、ドニゼッティ音楽祭芸術監督兼演出家のフランチェスコ・ミケーリ氏に、オペラ初心者であるビジネスパーソンへお薦めのオペラは何か?聞いてみました(10月3日発売書籍『クラシック名曲全史』よりご紹介する内容。聞き手は同書著者の松田亜有子氏、翻訳は井内美香氏)。

Q.いつからオペラ演出家になろうと思ったのですか。

 私が11歳だった時、家族全員でミロス・フォアマン監督の映画『アマデウス』を見に行きました。オーストリアの作曲家モーツァルトの生涯についての映画です。私はすぐに、主人公であるアントニオ・サリエリ−−モーツァルトではなくそのライバルであり、ウィーンで活躍したイタリア人作曲家のキャラクターに夢中になりました。サリエリは自身に才能がないことと同時に、モーツァルト突出した力をはっきりと理解できたために不幸だったのです。

 しかし、この映画でのサリエリには比類ない才能がありました。それはモーツァルトの音楽がいかに美しいか描写する才能で、彼が物語るのを聞くことは素晴らしい体験でした。私にとっては、モーツァルトの音楽そのものよりも、サリエリがモーツァルトについて巡らせるさまざまな思考を追うことのほうが魅力的でした。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)