なぜイタリアでオペラが発展したのか? ドニゼッティ音楽祭芸術監督フランチェスコ・ミケーリ氏に聞く

なぜイタリアでオペラが発展したのか? ドニゼッティ音楽祭芸術監督フランチェスコ・ミケーリ氏に聞く

ミケーリさん

イタリアといえばオペラの本場ですが、そもそもなぜイタリアでオペラは発展したのか…? イタリアの人気音楽プロデューサーで、ドニゼッティ音楽祭芸術監督で演出家のフランチェスコ・ミケーリ氏に、クラシック初心者のビジネスパーソンにお薦めのオペラを挙げてもらった前回に続いて、イタリア=オペラの親和性について聞いていきます(10月3日発売書籍『クラシック名曲全史』制作にまつわるインタビュー。聞き手は同書著者の松田亜有子氏、翻訳は井内美香氏)。

Q.多くの人は、クラシック音楽といえば、ドイツ、オーストリアをイメージし、ベートーヴェン、モーツァルト、バッハ、ブラームス等、ドイツの作曲家を思い浮かべます。しかし歴史上、クラシック音楽はイタリアで生まれ、そうしたドイツの作曲家たちが生きていた当時は、イタリア人こそが音楽家であり、イタリアがクラシック音楽界の王様として君臨していました。現状のイメージのギャップについて、どう思いますか?

 西洋のクラシック音楽は壮大で多種多様、複雑なものですが、いくつかの原則を指摘することは可能であり、迷わないために有益でしょう。たとえばドイツ語圏の国々は常に器楽曲に特別な注意を払ってきたのに対して、イタリアはすべての焦点を声と歌に合わせてきたということです。

 古典派のウィーン3人組−−すなわちハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンが、オーケストラが表現力と感情に訴える途方もない可能性を明察していたことに議論の余地はありません。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)