バンコクを走る“奇跡”の路線バス、象徴するのは日本の「強さ」か「斜陽」か

バンコクを走る“奇跡”の路線バス、象徴するのは日本の「強さ」か「斜陽」か

バンコク市街を走る日野自動車のバス。旧式にもかかわらず、今なお現役で活躍している Photo by Konatsu Himeda(以下同)

かつて、タイのバス市場を席巻した日系メーカー。だが、時代を経て、安価で最新鋭の機能を誇る中国製に押されるように。「メンテナンス体制の充実」も日系メーカーの大きなアドバンテージだが、劣勢を跳ね返す日はくるのだろうか?(ジャーナリスト 姫田小夏)

■“ガタピシ”バスは日本製!最新鋭の中国製バスと好対照

 人口約870万人、タイの首都バンコクの見どころのひとつに、轟音とともに突っ走る、古びて煤けた“ガタピシのバス”がある。乗用車、トラック、バス、トゥクトゥクと、さまざまな乗り物がゴチャ混ぜに走る中で、この旧式の路線バスが奮闘している。

「ISUZU」「MITSUBISHI」「HINO」――昭和世代にとっては懐かしさ満載のレトロ車両だ。今では日本で見ることも少なくなった日野自動車のウイングマークに、「まだまだ現役なのか!」と驚かされる。

 ところが、バンコクに在住する日本人の心の内は複雑だ。今年で在住10年目を迎える林田浩二さん(仮名)はこう訴える。

「バンコクの街ではここ数年、中国製のバスが走るようになりました。車体も新しく近代的で、エアコンも完備した天然ガス利用のクリーンエネルギー車です。片や日本のバスは、車体が古い上に窓ガラスもなく、黒い煙を吐く車両もあります。いかにも”斜陽の日本”を思わせるかのようで、肩身が狭い思いです」

 バンコクの街で「HINO」のエンブレムを見るようになったのは、1977年にさかのぼる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)